認定看護師 専門看護師

看護師のキャリアアップ 認定看護師&専門看護師

 

看護師のキャリアアップの代表といえば、認定看護師と専門看護師です。

 

【認定看護師】
感染管理認定看護師
糖尿病認定看護師 
不妊看護症認定看護師
新生児集中ケア認定看護師
透析認定看護師
手術看護認定看護師 
乳がん看護認定看護師
摂食・嚥下障害認定看護 
小児救急看護認定看護師
認知症看護認定看護師
脳卒中リハビリテーション認定看護師
がん放射線治療認定看護師
慢性呼吸器疾患認定看護師
慢性心不全認定看護師

 

【専門看護師】
がん看護専門看護師
精神看護専門看護師
地域看護専門看護師
老人看護専門看護師
小児看護専門看護師
母性看護専門看護師
慢性疾患看護専門看護師 
急性期重症患者看護専門看護師
感染症看護専門看護師
家族支援専門看護師
在宅看護専門看護師

 

その他に看護師のキャリアアップ資格として、

 

臨床心理士
精神対話士
栄養サポートチーム専門療法士(NST看護師)
認知症ケア専門士
ケアストレスカウンセラー
循環器専門ナース
消化器内視鏡技師
血管診療技師(CVT)
医療環境管理士
透析技師認定士
透析療法指導看護師(DLN)
トリアージナース
精神健康保険士(PSW)
認定IVR看護師
呼吸療法認定士
日本糖尿病療養指導士(CDEJ)

救命救急士

 

こんなにたくさん看護師になってからキャリアアップするための資格があるので
みなさん挑戦してみると仕事のきっと楽しくなります。

キャリアアップ 認定看護師&専門看護師記事一覧

認定看護師の取得条件と取得方法とは?

認定看護師になるためには、いくつかの取得条件が必要になります。認定看護師は、専門分野に特化した看護師です。2013年現在では、そのカテゴリーは21にも分かれており、専門の分野を選択してさらなる高度の看護技術を実践する事ができるのです。その役割としては、一般看護師の指導をすることや、コンサルティングなどの仕事があります。この専門分野の認定看護師になるために必要な過程があります。まず一番先に必要なのが、看護師免許資格です。この資格を取得後に医療現場での実務経験が5年以上あることが必要になります。そのうちの3年間以上は特定看護分野での実務が必要です。例を挙げると、認定看護師の緩和ケアでの分野での資格...
続きはコチラ

認定看護師取得までの費用はどれくらいかかるのか?

認定看護師になるためには、時間も費用もかかります。かなりの額が必要になることでも有名ですが、一体どれくらいの予算が必要になるのでしょうか。認定看護師を取得する為には、認定看護師養成機関に一定期間の間在籍する事が必要になります。その間は看護師として働く事が出来ない為に、収入がなくなることになります。生活費や勉強の為にかかる費用は全て自己負担になります。学習費用だけをまず見てみますと、平均して約80万円から100万円ほどかかるといわれています。この詳細ですが、入学検定料5万円、入学金5万円、授業料約50万円から70万円、実習費10万円、認定審査費用5万円、認定費用5万円などとなっています。さらに毎...
続きはコチラ

認定看護師を取得してからの働き方と職場について

一般看護師からさらに特定分野のでの腕を磨くこと、認定看護師の資格取得を考えることはキャリアアップにも大切なことです。しかしそのためには離職をしないといけないというデメリットがあります。近年では総合病院のなかには認定看護師の研修期間中も給与や賞与が支払われる、というサポートをしてくれる職場も増えています。授業料の支援など、看護師の方のモチベーションを上げる為にも大切なことです。しかし実際にはこのようなサポート体性がしっかりしている病院はまだ少ないのです。統計によりますし、15%の認定看護師が継続をしたくないという現状があるようです。その理由は、診療報酬に認定看護師の資格が反映されないことなどがあ...
続きはコチラ

救急看護認定看護師を取得までの道のりとは?

現在医療現場では様々な特定の資格を保持した看護師が必要とされています。認定看護師は特定分野に特化した看護師ですが救急看護の場合は、救急搬送患者さんの対応をすることや、災害時のトリアージなどが目的になっています。近年ではストレスによる精神疾患も増えている為に、精神病院でのトリアージも大切な仕事の一つになっています。24時間耐性での地域中核型の精神病院では救急看護師が薬剤師ともに活躍をしているのです。そして国際医療チームの一員として緊急医療現場に行くことなど、国際的な活動も注目されています。救急看護師には、高度なスキルで現場での対応が求められています。この救急認定看護師になる為に、そのほかの認定看...
続きはコチラ

皮膚排泄ケア認定看護師を取得までの道のりとは?

ストーマの外来で必要とされる皮膚排泄ケア認定看護師。あまり聞きなれない専門分野での認定看護師ですが、ストーマとは腹部から尿の排出口の付けることで、消化器系や尿路の疾患がある患者さんの排泄を安定させるものです。一般的には、人工肛門や人工膀胱とも呼ばれています。これは手術に寄って器具を増設するのですが、排泄物が漏れてしまうことや、皮膚がかぶれてしまう、炎症を起こしてしまうなどトラブル起こる場合があります。さらに寝たきりの患者さんの場合は、脊髄状態などの特定の部位に痛みを感じることなど、常に同じ体性で寝ている患者さんにはトラブルが多くおこる場合があります。そして患者さんへの心理的なケアも必要とされて...
続きはコチラ

集中ケア認定看護師を取得までの道のりとは?

集中ケアとは、重症患者さんや集中治療が必要になる患者さんや家族のケアをするものです。危篤状態になる患者さんの容態に対する的確なケアをする大切な役目を担っています。実際の医療現場では、ICUなどの業務以外にも集中治療室から一般病棟に移った患者さんのケアや回復過程で必要になる早期リハビリテーション、呼吸サポートなどその業務は様々です。なかでもRST(呼吸サポートチーム)の支援や始動はとても大切な仕事になり、患者さんの容態により影響を与える役目となっています。集中ケア認定看護師になるには、看護師免許を取得後5年以上の実務研修があります。そのうちの3年以上は集中ケア部門での実務、または小児集中ケア部門...
続きはコチラ

緩和ケア認定看護師を取得するまでの道のりとは?

がんと診断された患者へのケアを行うのが緩和ケアです。医師の診断により、早期ケアが必要とされる緩和ケアには、身体的な痛みの緩和や精神的な面での不安を減らしてあげるなど、心身ともに苦痛を伴う患者さんにふさわしいケアをする事が必要となります。がん患者さんは、本人だけでなく家族にも不安があり、そし治療費の金銭面での不安、仕事復帰への不安など、ストレスを含めた色々な問題をサポートしていきます。認定看護師の仕事は地域連携室、外来看護、病棟看護など、すてべの立場でのケアと、協力をすることで、患者さん本人と家族を少しでも不安を減らす役目があるのです。様々な症状に対してのケア、睡眠、排泄、寝返りなど、心地良い環...
続きはコチラ

がん化学療法看護認定看護師を取得までの道のりとは?

とても辛いがんには、抗がん剤によるがん治療をおこないます。がん化学療法と呼ばれるこの治療は、副作用があることでも知られています。その副作用にはとても強い吐き気や毛髪が抜けてしまうことなど、それらの副作用を緩和する為には薬剤や外来通院によりケアをする事がひつようになります。このようにがんの治療法も近年では進化しているのです。がん化学療法看護は、治療が決まった段階で実際にがん化学療法の治療期間、経過期間での看護をすることです。治療法がまだ確立されていないがん治療においては、患者さん本人とそしてその家族に対して、理解を求める事やインフォームコンセントにおいて認定看護師の専門的な知識や技術がとても必要...
続きはコチラ

がん性疼痛看護認定看護師を取得までの道のりとは?

がん患者に特有の体重減少や食欲不振、呼吸困難などの症状をがん性疼痛と呼ばれています。がん患者さんの中でも死を意識している人の約7割がこのような痛みを体に感じています。看護には睡眠、疲労緩和、そして人との交流を行いリラックスさせることなどが必要とされています。しかしなかにはそのようなケアをすることさえ難しい患者さんもたくさんいるのです。がん治療は身体的な痛みを緩和する事も目的です。一人ひとりにあったケア方法で対処することが必要なのです。がんは全身に転移する事もあります。そのため精神的な苦痛を伴い、患者さんの恐怖はさらに増してしまいます。認定看護師にはこのような状況にも対応できる専門的な知識と技術...
続きはコチラ

訪問看護認定看護師を取得までの道のりとは?

近年とても注目をされている訪問看護ですが、病院が経営する看護ステーションや介護事業を行う事業者により看護をする業務があります。訪問看護以外にも、在宅看護もとても増加しています。そのため、訪問看護師の需要がとても高まっているのです。今までは医療ソーシャルワーカーが圧倒的な存在でしたが、認定看護師として急性期病院の看護職と連動する事で、病院を退院した後の在宅看護利用の情報を常に把握する事も出来ます。訪問看護ステーションと病院の間では、利用者に対する情報をさらに共有する事も求められています。訪問看護認定看護師には、急性期と回復期と移行する患者さんのケアだけでなく、在宅での看護との連携なども考える必要...
続きはコチラ

感染管理認定看護師を取得までの道のりとは?

近年とても話題になる集団ウイルス感染ですが、公衆衛生や感染症など多くの国でクローズアップされている問題です。医療機関では高齢者の感染や血管カテーテル、人工呼吸管理を使用することで、感染のリスクが高まるという現状もあります。感染管理認定看護師は、院内感染の調査や、感染防止、管理、相談などを担当する役目があります。看護師自信も自分の感染を予防する為に、施設管理を含めて徹底しないといけないとても大切な仕事なのです。感染管理認定看護師になるためには、看護師免許を取得後に医療機関で5年以上の実務研修を受けないといけません。そのうち3年以上は感染管理に関する活動実績が必要になります。そして医療施設において...
続きはコチラ

感染管理認定看護師を取得までの道のりとは?

近年とても話題になる集団ウイルス感染ですが、公衆衛生や感染症など多くの国でクローズアップされている問題です。医療機関では高齢者の感染や血管カテーテル、人工呼吸管理を使用することで、感染のリスクが高まるという現状もあります。感染管理認定看護師は、院内感染の調査や、感染防止、管理、相談などを担当する役目があります。看護師自信も自分の感染を予防する為に、施設管理を含めて徹底しないといけないとても大切な仕事なのです。感染管理認定看護師になるためには、看護師免許を取得後に医療機関で5年以上の実務研修を受けないといけません。そのうち3年以上は感染管理に関する活動実績が必要になります。そして医療施設において...
続きはコチラ

糖尿病認定看護師を取得までの道のりとは?

生活習慣病でもある糖尿病ですが、現在日本では2000万人以上もの糖尿病患者がいるといわれています。慢性疾患であり、一生付き合っていかないといけない疾患なのです。患者自身の日頃の自己管理にも対応したケアが必要になります。糖尿病看護認定看護師には、血行パターンのマネジメント、フットケア、そして糖尿病ケアシステムを立案する事が求められています。糖尿病には一次、二次、三次と予防段階が必要になりますので、システム化して効果的なケアをする事が望まれています。糖尿病看護認定看護師になる為には、看護師免許を取得した後に、医療機関での5年以上の実務研修が必要になります。そして通算3年以上は糖尿病患者の多い病棟や...
続きはコチラ

不妊症看護認定看護師を取得するまでの道のりとは?

女性にとってはとても深刻な不妊症。この悩みを抱える患者さんは大変増加しています。しかしとてもデリケートな問題の為に、誰にも相談できずにストレスとなってしまうこともあるのです。不妊看護認定看護師には、このような患者さんの心理的な悩みや治療への不安などをケアしてあげるという大切な役目があります。患者さんのカウンセリングを行う事も役目の一つです。不妊の原因は様々な事が要因となっています。子宮内膜症や早発閉経などその原因に伴ったケアを行う事が求めれているのです。不妊症看護認定看護師の存在はとても大切なものです。治療法としては体外受精を行う事や顕微授精、未成熟卵体外受精などがあります。不妊症看護認定看護...
続きはコチラ

新生児集中ケア認定看護師を取得までの道のりとは?

新生児集中ケア認定看護師とは、出産時の急性期に重篤なリスクにある新生児の身体的なケアを行う看護師のことです。専門分野の知識と技術が必要とされています。早産で生まれた新生児の身体的、神経学的な発達をケアすることや、精神的な不安を緩和する事、そして円滑な親子関係を築く為のサポートを行います。心理療法士との連携をとることもあり、専門的なケアが必要とされるのです。出生直後には呼吸や循環をはじめとして急激な変化を起こすこともあり、その状況に適した対応が必要となります。変化に合わせた人工呼吸や輸液などを行う集中治療が必要になります。大切な事は温度や室温などの環境を把握して、胎児姿勢を原則としたポジショニン...
続きはコチラ

透析看護認定看護師を取得までの道のりとは?

いまだ治療法が開発されていない慢性腎不全は、腎臓機能の低下による疾患です。腎臓機能を代行する為の治療を行う為に透析と呼ばれる治療があります。患者さんの9割以上が行う血液透析ですが、この治療には腹腔透析として腹膜の内側に透析液を注入して排出させるチューブを埋め込む手術が必要になります。透析患者になると、毎日の自己管理もとても重要になります。認定看護師にはシャント観察や透析中の深いな痛みや痒みなどに対するケア、そして患者さんへの正しい知識を教えるこなどの役目があります。血液透析を半永久的に行う患者さんは障害者として認定がされる為に社会的な問題を抱える場合もあるのです。このような患者さんが自分の希望...
続きはコチラ

手術看護認定看護師を取得までの道のりとは?

一般的な看護師とは異なる存在の手術看護認定看護師は、医療現場では手術というチーム医療の一旦を担う大切な役割を持っています。手術看護には「器械だし看護師」と「外回り看護師」の2つに分かれます。器械だし看護師とは、手術の際に医師に必要な器械を渡す看護師で、外回り看護師は、患者の不安などをケアして手術のコーディーネートをする役割があります。高度な知識と技術が求められる手術看護認定看護師ですが、一般的に手術には3つの段階があります。術前、術中、術後のそれぞれの段階に合わせて、外科医や麻酔科医などと連携して作業を進めることが必要になります。認定看護師は、手術看護の教育活動や、そして指導にあたり、医療スタ...
続きはコチラ

乳がん看護認定看護師を取得までの道のりとは?

女性の臓器がんでトップの乳がんですが、死亡率も高く、とても怖い疾患の一つです。乳がんの治療は手術療法、化学療法、内分泌療法放射線療法などがあります。通院しながら治療をする患者さんも多い為に、周囲へのストレスなども大変多いことが特徴となっています。乳がんは治療に伴う体の変化など、女性にとっては精神的な負担もとても多いのです。社会的な支援や対応が必要とされ、その為乳がんには最新の治療と専門的な知識が必要となります。乳がん患者さんには家族や患者本人の人権擁護をする事も必要となりますので、倫理的な面でも専門家のサポートが必要になるのです。乳がんの治療で使う薬剤には副作用が伴います。体重増加するなど、セ...
続きはコチラ

摂食嚥下障害認定看護師を取得までの道のりとは?

華麗や脳卒中、口腔、咽頭の疾患、神経筋疾患などの原因により摂食嚥下障害を起こす疾患があります。肺炎や窒息を招く場合もあり、大変に注意が必要となります。予防する為には、早期のリハビリテーションが必要になります。近年では摂食嚥下障害と呼ばれ、専門の医療で対応をする事も必要とされています。症状としては脳出血で意識がない場合、自力で摂食をする事が出来ない時、口腔ケアにより食事介助のサポートを受けることが必要になります。実際にこの介助のおかげで数週間後には自力で摂食ができるようになったケースもあるほどです。認定看護師の役割は、フィジカルアセスメントを行い、ゼリーや水を使ってスクリーニングテストを行う事で...
続きはコチラ

小児救急看護認定看護師を取得までの道のりとは?

小児救急看護認定看護師の役割は、救急外来での子供たちの待ち時間を調整する為に、子供の症状を判断し、具合の悪い子供から早く診察ができるように対処することや、応急処置をすること、看護ケアなどの役割があります。病棟での仕事は、入院している子供の成長をサポートしながら観察をすることにより、子供への虐待が行われていないかどうかの早期発見をする事も必要になります。救命技術指導、トリアージ、虐待対応、自己予防、育児支援という5つの基本的な目的があります。救急外来の子供をケアするだけでなく、小児病棟以外の病気の子供たちをケアしたり、家族と相談をするなど、トータル的な面でもサポートをしています。治療以外でも精神...
続きはコチラ

.認知症看護認定看護師を取得までの道のりとは?

認知症患者を抱えた家族は、本人と同様に大変苦労をした生活を送ることになります。加齢による体の変化、身体疾患などを理解した上でのアセスメントが必要になります。認知症患者は、新しい環境への適応性が少ない為、苦痛や不安を抱えてしまうことがあるのです。総合的な理解をし、さらに専門的な知識で対応する事が必要になります。家族への支援や指導なども認知症看護認定看護師には必要とされています。患者本人が自分らしい人生を歩む事や、質の高いケアを行うこと、自尊心をセーブしながら可能なことを続ける生活を送る事も目的としています。認知機能の穴埋めをすること、そして可能なことを伸ばすという専門的な看護が必要になるのです。...
続きはコチラ

脳卒中リハビリテーション認定看護師を取得までの道のりとは?

意識障害や運動機能の障害を起こすリスクがある脳卒中ですが、再発や合併症を起こすこともある為に、予防をする事がとても重要となっています。リハビリテーションでは患者の支援を行い、脳疾患患者のその後に人生の為にも、サポートをする事が必要とされています。脳卒中リハビリテーション看護認定看護師には、患者のなかでも急性期に重点を置いた役割があります。脳卒中を発症すると、認知、運動機能症が重症化することが予想されます。そのため認定看護師には、看護サマリーの役割がとても充実になっています。急性期、回復期、在宅医療と継続した看護が患者には大切なのです。病棟だけでなく在宅療養をする患者のケアも指導することがありま...
続きはコチラ

がん放射線療法看護認定看護師を取得までの道のりとは?

放射線治療とは多くの医療機関にて医師と放射線技師により行う治療です。認定看護師の役割としては、放射線治療を迅速化して、治療効果のサポートをする事が目的となっています。副作用の予防をすることなど、治療を中断しないようにマネジメントする事は特に大切な役目の一つです。発症したがんの場合、患者の精神的な衝撃を受け止め、治療に対する不安を緩和してあげることも仕事の一つになっています。認定看護師には大量の運情報収集をする事が求められています。豊富な知識と治療法により、副作用をさらに詳しく理解することで、患者に対する適切な対処をする事ができるのです。放射線技師が患者から受ける痛みの様子などは看護師は必ず記録...
続きはコチラ

慢性呼吸器疾患看護認定看護師を取得までの道のりとは?

気道や肺組織の非感染性慢性疾患を慢性呼吸器疾患といいます。喘息や慢性閉塞性肺疾患の二つを呼ぶことが一般的です。ほかにも気管支拡張型、慢性副鼻腔炎、肺がん肺高血圧、アレルギー性鼻炎などがあります。喘息にも予防ができるものがある為に、早期発見をして対処することが必要になります。慢性呼吸器疾患の患者は呼吸困難の症状がとても辛く、日常生活にも負担となっています。ストレスになり精神面でのサポートも必要になります。患者本人だけでなく家族にも不安があり、様々な問題に直面する事が考えられます。認定看護師の役割としては、患者がその人らしい生活を送る事、そして家族の生活を理解したセルフマネジメント力を向上させるこ...
続きはコチラ

慢性心不全看護認定看護師を取得までの道のりとは?

心不全や心筋梗塞、不整脈など心臓に関する疾患患者のケアを行うのが慢性心不全看護認定看護師です。心不全になると夜中でも息苦しさを感じ、病棟での患者のケアが大切になります。夜間の多尿も初期症状の一つとしてケアが必要になります。患者には精神的な不安も募りますが、身体的には疲労感や食欲不振、腹部膨張感などがあります。患者の状態により、緩和ケアも内容を変える必要がある為に、常に症状や状態を把握しておくことも必要になるのです。そして患者が退院後も療養生活為の相談に乗ることや、必要な知識を提供することなど、そして医療スタッフとともに退院前の面談を行う事も大切な認定看護師の役割の一つです。入院中、退院後もサポ...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る