看護師になるには

看護師になりたい人のための看護学校の選び方とは?

 

 

 

 

 

 

 

看護師になるためには様々な教育機関の中で、自分に合う学校に
入学することが必要です。

 

 

看護師には中学卒業の資格で入学できる看護専門学校があり、
日本医師会や各都道府県の都市にある医師会が経営している
ところがほとんどです。

 

 

 

 

 

これは「准看護師」を養成する学校です。各医師会の専門学校には
准看護師になるための実習を、提携先の病院に依頼し、学生は
病院の寮に住み込みで助手として働きながら勉強します。

 

 

 

病院も准看護師を育成できますし、学生も費用負担を少なくして
通学できる利点があるのです。

 

 

 

准看護師は現在40万人いる、といわれています(離職者を除いて)。

 

 

これに対して正看護師、つまり看護師のことですが、100万人が
現役で働いています。

 

 

 

 

この中には、准看護師から、正看護師の資格を取った人もいますし、
高校の看護学科(東京の愛国高等学校衛生看護科など。

 

 

 

専攻科で看護師の受験資格が与えられる)や、地方自治体や病院や大学が
経営する看護専門学校、あるいは独立系の看護専門学校などがあります。

 

 

 

専門学校の場合は、3年間のカリキュラムで実習と座学講習で、
決められている単位取得が必須条件です。

 

 

 

 

看護師の需要は各地で非常に高く、引く手あまたの病院が少なくありません。

 

 

 

ですが、独立系専門学校の入学金や受講料も合計で年間150万円前後必要です。

 

 

 

ですが、費用について気になる方は、学校と提携している病院が
あるかどうかを確認するとよいでしょう。

 

 

独立系の専門学校でも、卒業後提携病院に一定期間就職すれば
学費の一部免除があるところもあります。

 

 

 

また、最近は大学系の看護専門学校の人気が高く、受験倍率が数十倍の
ところもあります。

 

 

こうした学校では、卒業後に系列大学病院に就職することが前提で
費用負担もあり、寮の充実など人気があるわけです。

 

 

 

最後は医科系大学の看護学部、あるいは看護系大学、短大への進学です。

 

 

国公立の大学看護学部の場合は、授業料で年間60万円ほどに対し、
私立の看護系大学は平均で160万円です。

 

 

 

ただ、看護系大学に進学した場合は、その後の就職面で大学病院に
配属されるケースが多く、県立病院や市立病院などの給与削減に
対しては有利、という面もありますので、大学の特徴や進路などを
よく調べて受験するのがよいでしょう。

 

 

 

社会人入学も増えていますので、各学校とも倍率が上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、看護師、准看護師ともやりがいのある仕事です。

 

 

 

ぜひ資格を取って自分の夢を叶えていきましょう。

 

あなたの希望条件にあった転職先を確実に探す3つの方法とは?


複数の看護師求人サイトに登録しましょう!


実際に転職した看護師さんの体験談・口コミで評判のいい看護師求人サイトを
3社くらいを選んで登録しましょう。

非公開求人という条件いい求人情報を出来るだけ、たくさん集めるために
複数の優良な看護師求人サイトに登録しましょう。【登録も利用も完全無料!】

 看護師求人サイトの上手な選び方とは?

 


求人サイトに登録したら担当さんに自分の希望を
                     正確に伝えましょう!


登録すべき看護師求人サイトは、利用者ごとに担当者がついて
転職までをきめ細かくサポートしてくれる会社です。

登録したら自分転職の希望条件を正確に伝えること。
担当者があなたの希望にあった転職先をより早く確実に探してくれます。

一人で求人情報を探すより、ずっと早く、いい転職先が見つかります。

 


転職の悩みは、一人で悩まずに担当者に
                    すぐに相談しましょう!


看護師の転職に関するあらゆる問題を毎日解決している担当者があなたと
一緒に問題解決しながら希望に沿った転職先を探すために力を尽くして
くれます。

 



想像してみてください・・・  笑顔で働くあなたを!

 

 

 

 

 

看護師求人サイトのランキングはコチラ!

 

 


このページの先頭へ戻る