看護師の仕事でうれしいこと

看護師の仕事で最もうれしいこととは?

 

 

看護師の多忙さは誰もが知る所ですが、だからといって「違う職」
に移ろうという看護師は少ないのが現実です。

 

 

肉体労働であり、患者の命を守る責任感と、臨床業務や病棟看護、
あるいは屋外でももちろん看護活動を真っ先に行うのが看護師です。

 

 

こういった激務の裏には、必ず「モチベーションを上げてくれる」
うれしい何かがあるのですが、なんでしょうか。

 

 

 

仕事でうれしいことには「医師が臨床で問題を抱えていた時に、
助けることができ、医師から『ありがとうのサイン』を貰ったこと」
という話があります。

 

 

これは、部下である看護師に上司の医師が感謝する、という「滅多にない」状況。

 

 

 

それによって、医師が医療過誤をしなくて済んだ場合は、チーム医療の
結束力が伺えるともいえます。

 

 

 

ですが、「最も」うれしいことを看護師に上げてもらうと、
ほとんどの看護師からは「患者や家族からのありがとう、という言葉」
だと言います。

 

 

例えば、意識もなく急性期病棟に運ばれてきた患者。意識が戻り、
退院できる日が来た時は、看護師にとってうれしいこと、
この上なく感じます。

 

 

こういった患者から感謝の言葉があると、この仕事を続けてきてよかった、
と感じるのです。

 

 

 

また、点滴注射がうまくいった時に「看護師さん、上手だね」と
褒められたり、驚かれたりすることでうれしくなるなど、
ちょっとした感謝の気持ちを貰うことが、仕事へのパワーと
なっていくことを話す看護師もいます。

 

 

また、入院患者によっては、患者や家族から指名を受ける
看護師も結構いるようです。

 

 

 

看護が丁寧、話しが上手、処置が素早いし、そばにいるとほっとする‥
などとさまざまな理由で、看護師の力量を褒め、ありがとうと
感謝のひと言を告げられることは、看護師にとってなにより
うれしいことなのです。

 

 

 

看護師はみな「患者の笑顔」を求めて仕事をしています。

 

 

 

看護師の前に現れる人々は「最初は患者」です。

 

 

 

ですが、急性期だったり、慢性期だったり、回復期へと移行するうちに、
患者から「健康な人」へと戻っていきます。

 

 

しかし、中には終末期へと向かっていく患者もいます。

 

 

 

原因はなんであれ、患者が亡くなった場合は、家族は遺族となりますが、
患者の容態や最期の様子を話さなければならないのも看護師の努めです。

 

 

 

そうしたときに遺族から「良くしてくれてありがとう」
「あなたが担当の看護師でよかった」といわれると、
本当にほっとする気持ちが湧いてくるようです。

 

 

 

うれしい、という気分とは違っていても「仕事をして正解だった」と
自分を納得させることができる、と話してくれる看護師もいます。

 

 

あなたの希望条件にあった転職先を確実に探す3つの方法とは?


複数の看護師求人サイトに登録しましょう!


実際に転職した看護師さんの体験談・口コミで評判のいい看護師求人サイトを
3社くらいを選んで登録しましょう。

非公開求人という条件いい求人情報を出来るだけ、たくさん集めるために
複数の優良な看護師求人サイトに登録しましょう。【登録も利用も完全無料!】

 看護師求人サイトの上手な選び方とは?

 


求人サイトに登録したら担当さんに自分の希望を
                     正確に伝えましょう!


登録すべき看護師求人サイトは、利用者ごとに担当者がついて
転職までをきめ細かくサポートしてくれる会社です。

登録したら自分転職の希望条件を正確に伝えること。
担当者があなたの希望にあった転職先をより早く確実に探してくれます。

一人で求人情報を探すより、ずっと早く、いい転職先が見つかります。

 


転職の悩みは、一人で悩まずに担当者に
                    すぐに相談しましょう!


看護師の転職に関するあらゆる問題を毎日解決している担当者があなたと
一緒に問題解決しながら希望に沿った転職先を探すために力を尽くして
くれます。

 



想像してみてください・・・  笑顔で働くあなたを!

 

 

 

 

 

看護師求人サイトのランキングはコチラ!

 

 


このページの先頭へ戻る