.看護師に役立つ資格

看護師になってから役に立つ資格の一覧

 

 

国家資格である看護師資格ですが、それだけでも十分に求人が
あるだけでなく、さらにキャリアを積むことで他の資格を
得ることができるのをご存知でしょうか。

 

 

 

【保健師】
一番よく知られているのが、保健師の資格。市町村の保健センターや
大学の保健室や企業の医務室での勤務には、保健師の資格があると有利です。
これは、看護師の資格取得後に受験することができる資格です。

 

 

 

【助産師】
この資格も看護師資格がなければ、受験できない国家資格です。産科婦人科での求人や母子保健センター、また助産院を開業することもできるのです。また、NICU(新生児特定集中治療室)のある、新生児科では戦力になる人材です。

 

【養護教諭一種、二種】
小学校、中学校、高校の保健室勤務の養護教諭になるには、養護教諭の資格が必要です。そのためには、まず「保健師」の免許を取得することで、養護教諭二種の基礎単位を取ることができます。その後、半年以上の期間、文部科学大臣指定の教育機関に在籍すれば、養護教諭一種の受験資格を得ることができます。また、通信講座でもこのような資格取得ができますので、調べてみるのもよいでしょう。

 

【ケアマネージャー】
訪問介護ステーション勤務の看護師にとって、ケアプランを立案し実際に訪問介護を行う上で役に立つ資格です。訪問介護の現場では、ケアマネージャーのプログラムに応じて、看護と介護の項目を行い、点数化していきます。これが介護報酬と診療報酬の基準となるもので、自らがケアマネージャーになることで、ケアプランの打ち合わせ時間がなくなり、より効率的に訪問介護ができるようになります。基本として、介護現場は時間制であり、件数ごとに給与に反映されますし、ケアマネージャーの重要な仕事である「パソコンによるデータ打ち込み、あるいはモバイル機器によるデータ管理」などがこなせるならば、仕事に非常に有利となるでしょう。

 

【心理関係】
心理士といった名前のつく資格が現在いくつか存在しており、各々の業界が民間資格試験を行っています。ただ、国家資格になっていないため、具体的に仕事に役に立つかどうかは不明ですが、自分自身のスキルアップとして専門教育を受ける看護師さんは多数見られます。

 

【認定看護師】
国家資格として認められている、看護師の上級キャリアです。2013年現在で21分野の専門家として、指定大学院で受講し、資格試験に合格した場合に与えられます。看護職の指導や看護師のコンサルティング、あるいは患者の家族に卓越した看護を実践します。手当の支給がある場合が多くなります。

 

【専門看護師】
国家資格として認められているキャリアであり、2013年現在11の分野に指定されています。指定の教育機関での受講修了者にのみ受験資格が与えられ、資格取得後は、看護師の裏方として、看護環境の整備や関係者との調整役、患者や家族のケア、患者や家族の倫理問題をケアすることなどの役割があります。

 

 

 

 

 

あなたの希望条件にあった転職先を確実に探す3つの方法とは?


複数の看護師求人サイトに登録しましょう!


実際に転職した看護師さんの体験談・口コミで評判のいい看護師求人サイトを
3社くらいを選んで登録しましょう。

非公開求人という条件いい求人情報を出来るだけ、たくさん集めるために
複数の優良な看護師求人サイトに登録しましょう。【登録も利用も完全無料!】

 看護師求人サイトの上手な選び方とは?

 


求人サイトに登録したら担当さんに自分の希望を
                     正確に伝えましょう!


登録すべき看護師求人サイトは、利用者ごとに担当者がついて
転職までをきめ細かくサポートしてくれる会社です。

登録したら自分転職の希望条件を正確に伝えること。
担当者があなたの希望にあった転職先をより早く確実に探してくれます。

一人で求人情報を探すより、ずっと早く、いい転職先が見つかります。

 


転職の悩みは、一人で悩まずに担当者に
                    すぐに相談しましょう!


看護師の転職に関するあらゆる問題を毎日解決している担当者があなたと
一緒に問題解決しながら希望に沿った転職先を探すために力を尽くして
くれます。

 



想像してみてください・・・  笑顔で働くあなたを!

 

 

 

 

 

看護師求人サイトのランキングはコチラ!

 

 


このページの先頭へ戻る